下取りと買取の流れ

これまで長らく愛用してきた車を新しいものに変えるにあたって、古い車は何らかの形で処分することを余儀なくされます。こうやって古い車を適切に売却することで新たな車を購入するための資金の一部を調達することができるわけですが、その手法としては下取りと買い取りという二種類があります。新たな車の購入先に車を引き取ってもらうのが下取りで、その他の専門店に売却することを買い取りと言います。

下買取の流れはとてもよく似ています。まずはネットや電話やファックスを使って査定の予約を入れます。このとき、車のメーカーや車種、購入年、走行距離、機能やボディの不具合や傷の有無などを記載してあらかじめ知らせておく必要がありますが、これらの情報をもとにこの時、大まかな査定額を教えてもらえる場合もあります。しかしながら、実際の具体的な査定はその後の査定担当者の来訪を受けるかたちで実施されることになります。

担当者は該当者の全国的な需要なども鑑みて査定価格を付けますので、それに合意した際にはさっそく手続きを進め、納得が行かない場合には他社の査定額を比較提示することで少しでも値段が上昇するように交渉することも可能です。このようにして最終的な価格が決まった後、車検証、自賠責保険証、実印、身分証明書、自動車税納税証明書などを用いて契約が交わされて、一連の手続きが完了となります。

Comments are closed.