下取りとリサイクル料金

自動車を廃車にして解体処分する場合には、ほとんどの部分は鉄の原料などとして有効にリサイクルされるものの、プラスチックやウレタン繊維などが混在した破砕ごみであるシュレッダーダストや、処理に特殊な技術を必要とするエアバッグ、カーエアコンなどに含まれるフロン類など、通常の廃棄方法では地球環境に有害なものも排出されてしまいます。
こうしたものを適正に処理するため、法律の規定により「リサイクル料金」として自動車のオーナーに負担させる制度が「自動車リサイクル制度」であり、自動車を新車で取得した際などにあらかじめ「預託金」として支払った証拠として、「リサイクル券」というものを発行してもらえます。
この「預託金」については、自動車を売却した際には次のオーナーから相当分の金額を受け取り、かわりに「リサイクル券」を引き渡すことになりますが、下取りの場合も同様で、下取りをしたカーディーラーから相当金額を返してもらえることになります。
ただし、実際の取扱いとしては、「預託金」として別途返金されるのではなく、査定価格への含みとして精算される場合が多いようですので、もし不審な場合には、「預託金」が含まれているかどうかをディーラーに確認するとよいでしょう。

Comments are closed.