下取りと自動車税

新しい自動車を購入するのにあわせて、今まで乗っていた自動車を下取りに出すという場合には、自動車税を還付してもらえることがあります。
この税金は、毎年4月1日の段階での自動車の所有者、割賦販売などの場合には自動車の使用者に納税義務があり、年度初めに県税事務所などから送られてくる納税通知書にしたがって、年度分を納付することになります。
年度の途中で下取りに出して、その後「抹消登録」といって、運輸支局や自動車検査登録事務所で所定の手続きをした場合については、登録をした翌月から年度末までの部分の税金は、年度初めに払いすぎていることになりますので、月割り計算で還付してもらうことができます。
ただし、実際に下取りに出したときのディーラーの取扱いとしては、税金が直接県税事務所などから還付されてくる場合ももちろんありますが、今まで乗っていた自動車の査定価格のなかにこの還付される税金分を含めて提示し、実質的に還付されたのと同じことにして、手続きの手間を省略している場合も多いようです。
いずれにしても、年度末までそれなりの期間があるような場合には、この還付金の額も大きなものとなりますので、正しく取扱いがされているかどうかをディーラーに確認するとよいでしょう。

Comments are closed.