下取りと重量税

自動車重量税は、車検証に記載のある自動車のトン数や車種などに応じて賦課される国の税金で、新車登録であれば3年分、その後継続車検をするときには2年分を前もって納付することになります。
自動車税や軽自動車税と同じく、この税金についても払いすぎた分を後日国から返還してもらう「還付」とよばれる制度はありますが、この還付がなされるのは自動車が廃車となって解体処理された後になります。
下取りの場合ですと、どこかのディーラーで新しい自動車を購入したときにあわせて古い自動車を買い取ってもらい、所有権がそのディーラーに移転するというだけに過ぎず、解体処理したわけではありませんので、この税金が還付されることもありません。
実際にはそのディーラーの購入者サービスの一環として、本来であれば残存価値のないはずのゼロ査定の自動車を下取りして、その後解体処分することもあるかもしれませんが、その場合であっても、下取りの時点ではまだ解体処分が完了していないことに変わりがありませんので、同様に還付を受けるのは困難です。
ただし、税金の還付が受けられないとしても、通常は車検の残期間がある自動車は、税金が先払いされていることも含めて査定額アップの材料とされていますので、実質的には損をすることは少ないといえます。

Comments are closed.