事故車の定義とは

事故を起こした形跡のある車は買取査定では大幅な減額となりますが、事故車の定義については誤解されているところもあるため正しい理解が必要です。自動車業界では事故により査定額に影響するほどのダメージを負った車は修復歴車と呼び、単純な事故により修復された車とは区別されています。修復歴車とは車にとって重要となる基本骨格に損傷がある場合や、基本骨格に手を加え修復した形跡のある車を指します。基本骨格とは簡単にいえばフレームとなりますので、フレームが変形するほどの事故を起こし修復した車は修復歴車となります。程度の軽い衝突や接触、ボディをこすっただけの状態では、フレームまで損傷が及ばない限り修復歴車にはならないのです。しかし乗用車の場合にはモノコックボディを採用していますので、フレームは外面に近い位置まで及んでいます。バンパーのすぐ後ろにも基本骨格に該当する部分がありますし、ドアパネル付近には基本骨格となるピラーがありますので、プロの正しい判断が必要となるのです。修復歴に該当しないような修復だと思っていても実際には基本骨格まで影響が及んでいるケースもあるため、素人が判断するのは難しいのです。修復歴車となれば大幅な減額査定となるため、場合によっては廃車を選択することになります。

Comments are closed.